芸術家100人の家

逆転の発想芸術家だからこそできること

ダイエットと食事

読了までの目安時間:約 2分

 

まず日ごろの食事を改善することか、ダイエットでは必要です。ダイエットのために食事を減らしているのに、結果が体重に反映されないという場合、どのような理由が背景にあるのでしょう。ダイエットにはカロリー制限が効果的ですが、ただ食事を少なくすれば体重が減るかといえば、実際はそうはいきません。しばらくカロリー制限を続けていると、食事の供給量が減ったことを知った体は、その環境に体を順応させようとします。食事量を減らせば体重が減少するのは無理もないことですが、胃腸の機能も低下するため消化機能が下がります。ダイエットには欠かせない、脂肪をエネルギーに変える機能が衰えてしまいます。食事によって得たエネルギーを消化吸収する時も、内臓はエネルギーを使います。カロリーがなくなれば消化力も落ちます。体が必要としている栄養は食事からきちんと確保することが、ダイエット時には欠かせません。とはいえ、好物ばかりを食べていても、ダイエット効果が得られるものではないので要注意です。ダイエットのためにと、とにかくカロリーのない食材を選んだ食事をしていても、効果が上がりはしません。カロリー量の少ない食事ばかりを摂取していると、体が熱をつくらなくなり、代謝が下がります。カロリーを補給できる食事をしないでいると、ダイエットがうまくいった後で食事を元のものにすると、体重がまた増えて元以上に太ってしまったりします。

学費のためのローンは減っている

読了までの目安時間:約 2分

 

学費の教育ローンによる貸付制度は、銀行やノンバンクなど民間の金融機関が行うものだけではありません。公的機関が貸し手になるようなローンもあります。民間の教育ローンと比べると、固定金利で低利ではありますが、民間金融機関に対する民業圧迫とされ、2006年前後の行政改革で制度が縮小されてしまっているようです。公的機関の教育ローンとしていまでも学費を融資してくれているものについて調べてみましょう。旧国民生活金融公庫である日本政策金融公庫の教育ローンで学費の貸付を受ける際には、別生計の連帯保証人か、公益財団法人教育資金融資保証基金による信用保証の委託が必ず必要になります。信用保証を受ける際には、基金の審査を受け、保証料を払う必要があります。国の教育ローンと呼ばれている一般教育融資は、全国の民間金融機関が代理店として窓口になっています。日本政策金融公庫の公式ページからも申し込めます。貸付される学費には学生1人あたり300万円以内という制限があります。返済期間は15年以内であり、年収による制限もありますので誰でも借りられるわけではありません。かつては他にも教育積立貯金融資や年金教育融資などがありましたが、現在は募集を中止しているため学費の融資を受けることはできません。学費のためのローンを借りるには、まずもって情報をしっかり集めて、どのローンにすればいいのかを決めるようにして下さい。