芸術家100人の家

逆転の発想芸術家だからこそできること

外国為替チャートとローソク足の種類

読了までの目安時間:約 2分

 

外国為替チャートのローソク足には、いくつかの種類があります。ローソク足は為替取引をする場合にはかなり大事な情報となるものですが、どんな種類があるのでしょうか。ローソク足というのは、外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が利用するものです。外国為替取引の基礎となるもので、投資のテクニカル分析をする時に、最初に見るものだと言います。為替取引を有利にする為にも、外国為替チャートのローソク足の見方を覚えておいて決して損はないものです。一般的に日足と言われているのが、1日の値動きを、1本のローソクで表しているものです。ローソク足の週足とは、為替の1週間の値動きを表したもので、月足では1ヶ月のもの、年足は1年分の値動きを表しています。取引のタイプによっても、どのローソク足を利用したら良いのかが異なるのが、外国為替チャートというものです。外国為替取引が長期や中期型ならば、日足や週足、または月足が適しています。1分足や5分足、15分足、30分足といった分刻みの値動きを表したものも、その他にあるといいます。短いスパンのチャートは、デイトレードやスウィングトレードなどの短期トレードをする時に適しています。上手に為替取引をするためには、さまざまな外国為替チャートのローソク足があるとはいえ、とりあえずきちんと基本的な値動きを自分自身で分かるように勉強することが不可欠です。

モムチャンダイエットは韓国発のダイエット方法

読了までの目安時間:約 2分

 

韓国で流行しているモムチャンダイエットは、韓国のカリスマ主婦であるチョン・ダヨンさんが考案したダイエット方法です。非常に韓国で話題となったダイエット方法で、日本でも注目されているといいます。チョン・ダヨンさんは産後太りの解消のためにスポーツクラブに通ったという経歴があり、20�のダイエットに成功している人です。一番の肉体という意味が韓国語であるのがモムチャンです。単に痩せることを目的としたダイエットではなく、適度に筋肉のある引き締まった体型が韓国では美しさの指標になっています。ダイエットをする場合、女性は女性らしく男性は男性らしい体型を保ったままスリムになるのです。魅力的なプロポーションになれるというのがモムチャンダイエットの特徴です。フィギュアロビクスというエクササイズを行うのですが、これは脂肪を燃焼させる有酸素運動と、筋肉を鍛える無酸素運動を組み合わせたエクササイズです。解説DVDが発売されていますので見ながら家庭でエクササイズを行うのがモムチャンダイエットの基本的な方法です。ダイエットを家にいながら暇なときに実践できるので、忙しい人でも気軽に毎日実践することができる方法ではないでしょうか。ダイエットプログラムを全て終えるには約2ヶ月、他のダイエットと比較しても長期間に渡るダイエットとなります。ぜひ韓国発のダイエット方法で美しい体型を手に入れましょう。

世界で一番大切な宝

読了までの目安時間:約 2分

 

先日息子の小学校で子育てに関する講習会があり、参加しました。新聞やニュースでも報道されて知っていましたが、日本人のこどもは自己肯定感が低いそうです。その要因と考えられるのは、言葉による愛情の表現と直接的なスキンシップが足りないことだと言われているそうです。とくに今の母親世代の女性たちが高度経済成長の中がんばれば認められる、がんばらないと認められない、がんばれ、がんばれ、もっとがんばれ・・・とほめられもせず、赤ちゃんのころも抱き癖がつくなどと言われてあまり抱っこされずに育ってきた世代で、自分に自信のない人が多いということでした。自己肯定感の低い親に育てられるとやはりこどもたちの自己肯定感も低くなってしまうのでしょう。
自分もあれだけほしかった子供なのにいざ産まれてみるとイライラすることが多く、どうしていいのかわからず育児本を読み漁ったすえ、ほめて育てる、愛情を伝えて育てるという方法を疑心暗鬼しながらも実践してみていました。なるべくスキンシップを多くするようにしていましたし、産まれてきてくれてありがとう、とか世界で一番大切な宝だよなどと言葉で言うようにしてます。やはりちょっと照れくさく、芝居がかった言い方になってしまうのですが、添い寝するときとかに耳元でささやいてあげたりすると、すでに小学2年生の息子もまんざらでもなく、安心して眠りについているようにみえます。

ダイエットと食事

読了までの目安時間:約 2分

 

まず日ごろの食事を改善することか、ダイエットでは必要です。ダイエットのために食事を減らしているのに、結果が体重に反映されないという場合、どのような理由が背景にあるのでしょう。ダイエットにはカロリー制限が効果的ですが、ただ食事を少なくすれば体重が減るかといえば、実際はそうはいきません。しばらくカロリー制限を続けていると、食事の供給量が減ったことを知った体は、その環境に体を順応させようとします。食事量を減らせば体重が減少するのは無理もないことですが、胃腸の機能も低下するため消化機能が下がります。ダイエットには欠かせない、脂肪をエネルギーに変える機能が衰えてしまいます。食事によって得たエネルギーを消化吸収する時も、内臓はエネルギーを使います。カロリーがなくなれば消化力も落ちます。体が必要としている栄養は食事からきちんと確保することが、ダイエット時には欠かせません。とはいえ、好物ばかりを食べていても、ダイエット効果が得られるものではないので要注意です。ダイエットのためにと、とにかくカロリーのない食材を選んだ食事をしていても、効果が上がりはしません。カロリー量の少ない食事ばかりを摂取していると、体が熱をつくらなくなり、代謝が下がります。カロリーを補給できる食事をしないでいると、ダイエットがうまくいった後で食事を元のものにすると、体重がまた増えて元以上に太ってしまったりします。

学費のためのローンは減っている

読了までの目安時間:約 2分

 

学費の教育ローンによる貸付制度は、銀行やノンバンクなど民間の金融機関が行うものだけではありません。公的機関が貸し手になるようなローンもあります。民間の教育ローンと比べると、固定金利で低利ではありますが、民間金融機関に対する民業圧迫とされ、2006年前後の行政改革で制度が縮小されてしまっているようです。公的機関の教育ローンとしていまでも学費を融資してくれているものについて調べてみましょう。旧国民生活金融公庫である日本政策金融公庫の教育ローンで学費の貸付を受ける際には、別生計の連帯保証人か、公益財団法人教育資金融資保証基金による信用保証の委託が必ず必要になります。信用保証を受ける際には、基金の審査を受け、保証料を払う必要があります。国の教育ローンと呼ばれている一般教育融資は、全国の民間金融機関が代理店として窓口になっています。日本政策金融公庫の公式ページからも申し込めます。貸付される学費には学生1人あたり300万円以内という制限があります。返済期間は15年以内であり、年収による制限もありますので誰でも借りられるわけではありません。かつては他にも教育積立貯金融資や年金教育融資などがありましたが、現在は募集を中止しているため学費の融資を受けることはできません。学費のためのローンを借りるには、まずもって情報をしっかり集めて、どのローンにすればいいのかを決めるようにして下さい。