芸術家100人の家

逆転の発想芸術家だからこそできること

学費のためのローンは減っている

読了までの目安時間:約 2分

 

学費の教育ローンによる貸付制度は、銀行やノンバンクなど民間の金融機関が行うものだけではありません。公的機関が貸し手になるようなローンもあります。民間の教育ローンと比べると、固定金利で低利ではありますが、民間金融機関に対する民業圧迫とされ、2006年前後の行政改革で制度が縮小されてしまっているようです。公的機関の教育ローンとしていまでも学費を融資してくれているものについて調べてみましょう。旧国民生活金融公庫である日本政策金融公庫の教育ローンで学費の貸付を受ける際には、別生計の連帯保証人か、公益財団法人教育資金融資保証基金による信用保証の委託が必ず必要になります。信用保証を受ける際には、基金の審査を受け、保証料を払う必要があります。国の教育ローンと呼ばれている一般教育融資は、全国の民間金融機関が代理店として窓口になっています。日本政策金融公庫の公式ページからも申し込めます。貸付される学費には学生1人あたり300万円以内という制限があります。返済期間は15年以内であり、年収による制限もありますので誰でも借りられるわけではありません。かつては他にも教育積立貯金融資や年金教育融資などがありましたが、現在は募集を中止しているため学費の融資を受けることはできません。学費のためのローンを借りるには、まずもって情報をしっかり集めて、どのローンにすればいいのかを決めるようにして下さい。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報